フォトギャラリー

展覧会の記録

桐谷純子 参加型空間個展「樹響」
2017. 5.26〜6.2  エスパス・ビブリオ(東京・お茶の水)

お茶の水駅近く、静かな通りに面したビルの地下1階にあるブックカフェ「ESPACE BIBLIO (エスパス・ビブリオ)」は、図書室とカフェ、イベント会場も兼ね備えた多目的スペースです。「知と文化の発信地」というコンセプトのもと、毎月多彩なプログラムが組まれており、今回の桐谷純子個展「樹響」もその一環として実現しました。
また、隣接するカフェでは、作家の作品を使ってお茶(コーヒー)がいただける参加型空間個展も実施されました。

  • 参加型空間個展「樹響」
  • 参加型空間個展「樹響」
  • 参加型空間個展「樹響」
  • 参加型空間個展「樹響」
  • 参加型空間個展「樹響」
  • 参加型空間個展「樹響」

イベントスペース中央に配置された大きなテーブルの上に、縦29cm x 横38cmほどの陶板を6×3=18枚並べた展示は壮観でした。渦巻くような樹々の文様に「すごいエネルギー」を感じられたお客様、厚さ2ミリの陶板の薄さに興味を持たれた方もいらっしゃいました。

周囲のテーブルには、ぐい呑み、長皿、オブジェ…などの代表作も展示され、さながら小さな回顧展のような様相でした。

  • 参加型空間個展「樹響」
  • 参加型空間個展「樹響」
  • 参加型空間個展「樹響」
  • 参加型空間個展「樹響」
  • 参加型空間個展「樹響」
  • 参加型空間個展「樹響」

カフェでコーヒーを飲んだ方からは、「味が違う」との感想が。勿論コーヒーも美味しいけれど、この器で飲むと一段と美味しく感じられるそうです。 コーヒーカップ、ケーキ皿など作品の一部は、個展終了後もエスパスのカフェに置かれているので、お願いすれば作品を使ってのコーヒータイムが楽しめるとのこと。

掌にしっくりなじむカップで、くつろぎのひととき、いかがですか。

  • 参加型空間個展「樹響」
  • 参加型空間個展「樹響」
  • 参加型空間個展「樹響」

Photo: 斎藤芳弘

pagetop

 

inserted by FC2 system